森山ナポリ「手焼き、550度の石窯」で他の冷凍ピザとは違う美味しさ!

森山ナポリ生地

あなたはピザを食べるとき、どこで”美味しさ”を感じますか?

とろ~りとしたチーズ?
厳選されたバジルの良い香り?
特製のトマトソースでしょうか?

どれも大切ですね!

しかし、いくらおいしい具材がトッピングされていても
生地がペラペラやガサガサ、もしくは石のように固ければ
ピザは台無しになってしまいます。

本物のピザ生地は外がカリカリ、中はもっちりで、
生地だけでも”美味しさ”を感じられるものですよね。

本物のピザ。本物の食材が集まる土地より。

ピザを焼く

森山ナポリの生地はもう試してみたでしょうか?

食べてみるとわかるのですが、生地内には気泡が入っており、
”中はもちもち、外はカリカリ”
の、美味しい本物のピザ生地を実感できます!

この美味しい森山ナポリを作っているのは食文化が豊かな、古都、金沢「森山」。

新鮮な水や空気の中で、職人が一枚一枚手で焼いているそうで、
石窯で焼くときの温度は550度にもなるそうです。

ここまでこだわっているので、
街のピザ屋さんの生地と変わらない美味しいピザが楽しめるんですね。

本物をすぐ食べる。自宅のドアを開ける必要はありません。

ピザの専門店が私の家の近くにありますが、片道徒歩15分です。
私はピザが好きなので1度行きましたが、毎日はとても通えません。

毎回、あなたの為に美味しい本物のピザを
10分以内に用意してくれるお店がありますか?
私の周りには残念ながらありません。

本物のピザが食べたいけど、外には出たくない。(もしくは遠い)
そういう時は、冷凍庫から、森山ナポリを出すのはどうでしょう。

そうすれば、本物のピザを食べられますので。
それも…10分以内に!

大量生産の冷凍ピザとの違いを、いつでも楽しんでください。

ビールかんぱい

森山ナポリは、冷凍庫に入れておくだけで、すぐに食べられるのが特徴です。
あなたが食べたいときに、冷凍庫から出してください。

”カリカリ、もちもち”の本物ピザがすぐに食べられます!

もちろん、外食用の服に着替えたり、戸締りの心配をしたり、帰りの運転の為にアルコールが飲めないことを気にかける必要もありません!

自宅で、すぐに、本物を食べることができるのです。

すばらしい!

コメントを残す